島原半島ジオパークについて
島原半島のはじまり

島原半島のはじまりともいえる約430万年前の火山の噴火による地層が,南島原市口之津町の早崎半島で見られます。生まれたての島原半島は、現在の雲仙火山とは石の種類が異なる、玄武岩という流れやすい溶岩を流していました。
雲仙火山のはじまり

雲仙火山が誕生する前に、海の中にたまった地層を、雲仙火山の最初期の噴火の噴火に由来する堆積物がおおっています。その年代はおよそ50万年前です.地層の中に含まれる軽石が、最初の雲仙火山は、溶岩ドームをつくるような今の噴火とは異なる、爆発的な噴火を起こしたことがわかります。
流れ山
流れ山
1792年,雲仙火山は溶岩流を流す噴火を起こしました.この噴火の最末期には、島原市の西に位置する眉山の南半分が大きく崩れ,「島原大変」と呼ばれる大きな災害が起こりました。この噴火で生じたたくさんの小さい丘を「流れ山」といいます。現在では、宅地としての開発も進んでいますが、そのときの残骸は、左の写真のように、樹木の生い茂る緑色の丘として、島原市内の各所に残っています。
千々石断層(ちぢわだんそう)
千々石断層1
猿葉山(さるばやま)から見た千々石断層の崖。
千々石断層2
塩屋バス停付近から見た千々石断層の崖。

日本列島の地下には、プレートと呼ばれる岩盤が沈み込んでいます。そのため、日本列島は常に大陸側に押さえつ けられています。プレートの沈み込みによる圧迫と、大陸からの押し返す力が作用しあった結果、島原半島付近は、半島全体が南にゆっくり移動しています。その速度は半島北端の神代(こうじろ)で年間約2cm、半島南端の加津佐(かづさ)で年間3cmほどです。神代から見ると、加津佐は、わずか1cmですが、 年々遠ざかっていることになるため、島原半島は南に引っ張られるような力が働きます。地表は固い岩盤で出来ているため、このように岩盤全体に広がる力が加わった場合、必ずどこかがひび割れます。その割れ目の一つが千々石(ちぢわ)断層です。
千々石断層は雲仙市千々石町付近にある正断層で,島原半島内で最も明瞭な断層地形を呈しています.断層の総延長は14km,最大落差は田代原(たしろばる)付近で450m以上に達し,1000年間で約1.5m(年間1.5 mm)の割合で断層の南側が沈降しています.断層の南側が沈降しているため,この断層を境にして海岸線が内陸側に入り込み, 橘湾のきれいな円弧状の海岸線が形成されています。
島原半島が(見かけ上)南に引っ張られる事によって出来た割れ目は、千々石断層の他、深江断層、布津断層、金浜(かなはま)断層などがあります。これらの断層に囲まれた島原半島の中央部は今もなお沈み続けているため、この沈降帯は「雲仙地溝」と呼ばれています。今もなお、沈降を続けているこの半島の中央部は、本来であれば海の底に沈んでしまうはずですが、雲仙火山があたかもそれを補うかのように溶岩や土砂を供給するため、現在の島原半島は中央で分断されることなく、むしろ中央に大きな雲仙火山を据えた、一続きの半島になっています。
早崎玄武岩
早崎玄武岩
早崎半島の全景.平らな地形です。
早崎玄武岩2
早崎玄武岩の表面。まるで、黒い石畳のようです。
早崎玄武岩3
早崎玄武岩(黒い岩)とその下位の火山灰(凝灰岩)層(黄色みがかった層)
早崎玄武岩4
早崎玄武岩の断面.黒い石畳城の溶岩は、厚さ数10センチほどです。その溶岩流の直下には、がさがさした玄武岩のレキを大量に含むアグルチネイトが見られます。このアグルチネイトは高温で,かつ空気に触れていたため,赤褐色に変色しています。

島原半島最南端に位置する早崎半島の海岸沿いには、真っ黒い溶岩流が分布し、現在の雲仙普賢岳が噴出する溶岩とは色も組織(見てくれ)も全く異なっていま す。これは島原半島の中で最も古い岩石の一つである早崎玄武岩で、その年代は約430万年前と推定されています。
島原半島を作り出した最初の噴火は、海底からの火山噴火から始まりました。最初は、高温のマグマと海水が直接触れあって大爆発が何度も生じ(マグマ水蒸気 爆発)、細かい火山灰が水中に堆積しました。その火山灰層の中には、爆発によって空中を飛来してきた火山弾が突き刺さっているのが認められる事がありま す。火山体が成長し、マグマと海水が直接触れなくなった後は、この火山灰層の上を粘りけの低い玄武岩質の溶岩流が覆いました。火山灰層の上面は、流下した 高温の玄武岩質溶岩によってレンガのように赤く焼かれている様子も観察出来ます。
国崎安山岩
国崎安山岩1
南串山町にある展望台から見た国崎半島.海に突き出ている様子がよくわかります。
国崎安山岩2
海岸沿いで観察できる国崎安山岩の断崖。層の中央付近には、板状節理が見られます。溶岩流の下位にある土石流の地層は、高温の溶岩流によって焼かれ、赤く変色しています。
※足元が悪いため,観察には十分注意してください.また,この場所は落石のおそれがあります。
国崎安山岩3
海岸沿いに見られる国崎安山岩の岩塊を大量に含んだ土石流堆積物。
※落石のおそれがあります。観察には充分注意してください。
両子岩
海に立つ奇岩・両子岩。国崎半島付近から流れてきた土石流が、波の浸食によって固い部分だけが取り残されたものです。人の顔に見える??
※満潮時は遠望観察のみとなります!

島原半島の西に突き出た国崎半島には,およそ150万年前に噴出したとされる 国崎安山岩が分布しています.半島の海岸沿いには,この安山岩質溶岩と同質のレキを大量に含んだ土石流堆積物の見事な露頭があります.この土石流は,直径 1cm近くに達する普通輝石の巨大な斑晶を含む溶岩塊を含むのが特徴です.この国崎安山岩を含む火砕堆積物の地層(南串山層)は、島原半島の南西部に広く 分布していますが、この南串山層が削られて作られた岩が、奇岩・「両子岩(ふたごいわ)」です。人の顔にも見えるこの岩は、国崎半島付近にあったとされる 火山体のすそ野を構成する土石流堆積物の差別浸食によって生じたとされています。昔は同じような岩の塔が2つありましたが、一方は海食などによって壊れて しまい、今は一つだけが残っています。
原城跡
原城跡1
遠望する原城跡.平坦な地形が海に突き出しています。
原城跡2
「島原の乱」の激戦地となった原城跡.本丸跡には、犠牲者を弔う十字架や、天草四郎像が建てられています。
原城跡3
原城跡の崖に露出するAso-4火砕流(上の白い層)
原城跡4
海岸沿いに打ち寄せられたサンゴ藻の遺骸。

1637年に起こった「島原の乱」の激戦地で、世界文化遺産登録を目指している原城趾は、その歴史的な重要さだけでなく、地質学的にも重要なジオサイトです。
原城跡は標高約30mほどの平坦な高台にありますが、この起伏の少ないなだらかな地形は、約9万年前に阿蘇火山が引き起こした巨大噴火に伴う大規模火砕流 (Aso-4火砕流)が、地形の起伏を埋める事によって出来ています。この大規模火砕流に伴って巻き上げられた火山灰は日本全土を覆い、北海道網走市で も、厚さ10cmの火山灰層として確認できます。海岸沿いの露頭では、下位の口之津層群とAso-4火砕流が不整合で接している様子を確認する事 が出来ます。
更に、原城の沖合の海域には、「サンゴ藻」の一種が群落を作っています。これは、海水中の石灰分を固定しながら成長する珍しい“植物”で、「リソサム ニューム」とも呼ばれています。原城跡の海岸では、白く石化した、特徴的な形のサンゴ藻の破片や遺骸が拾えます。
龍石/龍石海岸
龍石1
海岸近くで観察出来る雲仙火山のはじまりの地層.海の中に堆積した①の地層(北有馬層)の上を,軽石を含んだ雲仙火山の土石流堆積物(②の地層)が覆っています。その上に、雲仙火山の裾野を作る土石流堆積物(③の地層)が、何枚も堆積しています。
龍石2
地層の中に含まれている軽石。この軽石が、マグマ全体が泡立つような、激しい噴火があったことを伝える証拠です。
※足元が悪いため,観察には十分注意してください.また,この場所は落石のおそれがあります。

雲仙火山の形成前は、口之津層群と呼ばれる地層が浅い海等の水中に堆積していました(写真中の①の地層)。その年代は250万〜70万年前と推定されています。一方、現在の島原半島の中央にそびえる雲仙火山は、およそ50万年前から活動をはじめました。
雲仙火山の最初の山体は、現在の小浜温泉から雲仙温泉付近に形成されたと考えられています(“小浜火山”とも呼ばれています)。小浜火山は、約50万年前に軽石を放出するような爆発的な噴火を起こし、「古期雲仙火山の噴出物」(写真の②の地層)を龍石海岸まで到達させました。その後、小浜火山は噴火を繰り返し、裾野を四方に広げながら成長を始めました。この裾野の一部が③の地層です。このように、龍石海岸では、時代や形成過程の異なる3つの地層が同時に見学できるため、雲仙火山のはじまりとその後の成長過程を考える上で、大変貴重な場所です。
なお、本来、山の裾野は海に向かってきれいに伸びながら、なだらかに海面と同じ高さ(海抜0メートル)になっていきます。しかし、龍石海岸付近は、海から切り立った高さ10m程度の崖が連なります。これは、山からの土砂の供給が途絶え、山の裾野が波によって削られてしまったことを示しています。山の山頂から延びる裾野の形を見るだけでも、地層の新旧が推定できるのです。
富士山と富士山神社
富士山玄武岩
富士山神社は、平安時代の826年に、駿河の国(今の静岡県)にある富士山頂の浅間大社奥宮から分霊奉祀されたもので、農業の神様・ニニギノミコト(天津彦彦舗瓊瓊杵)と、火と水の神様・コノハナサクヤヒメ(此花咲耶姫)のご夫婦が祀られています。1637年の「島原・天草一揆」で焼き払われた後、神様と仏様がともに祀られる(神仏混淆)など、一時混乱状態にありましたが、その後島原藩主高力忠房が神社を再建。仏像を取り除いた後は、地域の人の信仰の対象になっています。
約150万年前の海底噴火が造ったこの富士山の山頂に神社が建立されたのは、ここから口之津の町が一望できることに加え、この山の形が「日本一高い富士山」に似ていたためです。標高わずか180m足らずですが、地元の人が「ふっつぁん」と呼び、伝説の巨人「みそ五郎」が隣の愛宕山の一部をすくい取ってできたという民話があるほど、この山と神社は地域の人に大切に守られています。
諏訪の池
諏訪の池1
諏訪の池。湖面の奥手・写真左側に見えるなだらかな崖が,諏訪の池断層が作る崖です。
諏訪の池2
池周辺には、この池の水を利用して作られた田んぼや畑が広く広がっています。
諏訪の池3
池にはレンタルボートや貸し自転車もあります.人なつこいガチョウ達にエサをあげる人も多く見受けられます。
諏訪の池4
諏訪の池周辺には、諏訪の池玄武岩と呼ばれる、約60万年前に噴出した溶岩が分布しており、玄武岩質火山が作り出す独特のなだらかな丘陵地形が広がっています。諏訪の池の南東縁には、比高30〜40mの急な崖が、南西方向に複数段列を連ねています。この崖は、この地域に走る断層(諏訪の池断層) が、諏訪の池玄武岩を切る事によって生じたものです。諏訪の池は、この断層活動によって生じたくぼ地をせき止めて作られた灌漑用の人工池で、この池から下流の田畑に農業用水が灌漑されています。
諏訪の池ではフィッシングが盛んなだけでなく、池周辺に沢山の野鳥が生息しているため、バードウォッチングも楽しめます。諏訪の池の畔にある「雲仙諏訪の池ビジターセンター」では、これら野生生物に関するリアルタイムの情報が入手出来るほか、ドームに設置された大型天体望遠鏡を使って、夜空や太陽を観察する事もできます。ビジターセンターでは、草木染めや星空観察会も定期的に開催されるなど、豊かな自然を満喫するイベントも数多く開かれており、自然環境教育の拠点となっています。また、多様な生物の生育・生息の場であるため、全国の「ため池百選」にも選ばれています。
愛野展望台
愛野展望台
標高約100m、橘湾を望む高台に位置する展望台。眼下には千々石断層、晴れた日には東に雲仙連山、北に多良岳、また遠く天草諸島までを望むことができる絶好のビュースポットです。
田代原トレイルセンター田代原トレイルセンター
千々石断層でできた盆地に位置し、島原半島北部の火山や地溝帯を巡る自然歩道の拠点施設であります。すぐ背後には吾妻岳の絶壁がそびえ立ち、それから鳥甲山まで屏風のように断層の崖が連なります。ここは千々石断層のずれが最も大きい所で、その落差が450mほどあります。
花房展望所
花房展望所
女島や岩戸山、愛宕山、富士山、早崎半島が一望でき、約430万年前から150万年前までに島原半島の南端で発生した火山噴火の過程を観察できます。
両子岩(ふたごいわ)

150万年前に噴出した国崎安山岩による土石流堆積物が、波の浸食を受け、人の頭のような形になったものです。通称「岸 信介岩」と呼ばれています。また、近くの海岸では、160万~140万年前のゾウやシカなどの哺乳類の化石が発見されています。(津波見脊椎動物化石群)
女島

約150万年前に海底に噴出した高温の玄武岩マグマが水と接触して起こす、マグマ水蒸気爆発による堆積物です。周囲には玄武岩の破片を含む地層がほぼ垂直に近い状態で観察されます。
<< 戻る