スタッフの写真日記

防災視察登山に参加してきました

2011年5月19日、九大地震火山観測センターと島原市による「防災視察登山」に参加しました。

今年は普賢岳大火砕流から20年の節目の年。

多数の参加者とともに、赤っぽい岩が一面を埋め尽くす平成新山を這い上がりました。

 

頂上は未だに噴気がのぼり、火山ガスで岩が変色しています。

 

島原市街も遠望できました。

 

今回の防災視察登山では、平成新山は安定した状態を保っていることが判明しました。

しかし、溶岩ドーム崩落の危険は未だに残っていることも確認できました。

平成新山の現状を自分の目で確認できたことは、非常に貴重な体験でした。

「防災」ということを再度意識することができたように思います。

2011.05.20
<< 戻る