スタッフの写真日記

稲刈りに行ってきました。南島原市立白木野小学校

実施日:平成26年10月24日(金)

 

白木野小学校は今年度末に南有馬地区が学校統合されるため無くなってしまいます。そのため、最後の稲刈りとなってしまいました。

米づくりには、太陽の光や大地の豊かさ、空からの降りそそいだ雨の恵みが必要です。人間はその恵みをいただいて生きているのです。

お寿司屋さんでご飯の事をシャリ(舎利)と呼びます。舎利とはお釈迦様の骨の事です。昔の人はそれだけお米の一粒一粒大事にしていたのが分かります。

学校最後の年に保護者の方を含めて大事に育ててられた稲穂を、残らないように落穂ひろいをしていたのが、印象的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014.11.04
<< 戻る