(2010年6〜7月)これ、なんだか分かりますか?雲仙地獄の中にある「泥火山」の拡大写真です。強酸性 の温泉水は、岩盤を腐食させて泥を作ります。その泥と温泉水や表層水が混ざってちょうどよい物性になった時、地下からわき出る泥水が面白い形の泥の山を作 り出します。ちなみに、”火山”といっても、サイズはかなり小さいですよ。2010年5月16日撮影。
泥火山

2011.03.20

(2010年4〜5月)南島原市の海岸にそそり立つ「両子岩(ふたごいわ」。なんとな〜く、人の顔に見えま せんか?国崎半島付近にあった火山からもたらされた土石流の地層が削られてできた奇岩。かつて2つあった岩塔のうち、一つは海食などで壊れてしまいまし た。2010年3月21日撮影。
両子岩

2011.03.18

(2010年2〜3月)島原市、島原まゆやまロード沿いから見た平成新山とアブラナの花。平成新山の北側斜面にはまだうっすらと雪が残っていますが、春はもうそこまで来ています。2010年1月26日撮影。
平成新山とアブラナの花

(2009年12〜2010年1月)雲仙市、仁田峠から普賢岳に向かう道の途中で、今シーズン初めての「霧氷」が見られました。これから本格的な冬。普賢岳周辺には、雪と氷の美しい世界が広がります。2009年11月18日撮影。
霧氷

(2009年10〜11月)南島原市の「竜石保育園」のおともだちが、「世界ジオパーク」認定をお祝いしてくれました!50万年前、最初に雲仙火山が噴出した地層をバックに、みんなで「ピース!」。(竜石保育園の皆様、ありがとうございました)
竜石保育園のお友達