(名 称)

第1条 この会は、島原半島ジオパーク協議会(以下「協議会」という。)と称する。

 

(目 的)

第2条 協議会は、島原半島地域の資源を、世界ジオパークネットワークのガイドラインに沿った質の高いものとして整備するとともに、継続的に運営していくことにより、地域振興に寄与することを目的とする。

 

(事 業)

第3条 協議会は、次に掲げる事業を行う。

(1)地域の資源(ジオサイト)の保全及び管理

(2)ジオツーリズムによる持続的な地域振興の推進

(3)学校教育及び生涯教育における地球科学教育の推進

(4)その他、目的を達成するために必要な事業

 

(会 員)

第4条 協議会は、島原市、雲仙市、南島原市(以下「構成市」という。)及び第2条の目的に賛同し、入会の承認を受けた団体によって構成する。

2 入会しようとする団体は、入会申込書を会長に提出するものとする。

3 会長は、入会しようとする団体が協議会の目的に賛同し、活動及び事業に協力できると認めるときは、入会を承認し、次の総会に報告するものとする。

 

(役 員)

第5条 協議会に次の役員を置く。

会 長 1名

副会長 3名以内

監 事 2名

 

(役員の選任)

第6条 会長、副会長及び監事は、総会において互選により選出する。

 

(役員の職務)

第7条 会長は、協議会を代表し、会務を総理する。

2 副会長は、会長を補佐し、会長が欠けたときは、その職務を代行する。

3 監事は協議会の会計及び会務を監査する。

 

(役員の任期)

第8条 役員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

2 役員に欠員が生じた場合の補欠の任期は、前任者の残任期間とする。

 

(顧 問)

第9条 協議会に顧問を置くことができる。

2 顧問は、会長が委嘱し、次の総会に報告するものとする。

3 顧問は、協議会に対し必要に応じて助言を行う。

 

(アドバイザー)

第10条 協議会にアドバイザーを置くことができる。

2 アドバイザーは、会長が委嘱し、次の総会に報告するものとする。

3 アドバイザーは、幹事会、運営委員会の構成員となることができる。

 

(会 議)

第11条 協議会の会議は、総会、幹事会及び運営委員会とする。

2 定例総会は、毎年1回開催する。

3 臨時総会は、必要に応じ開催する。

4 幹事会は、必要に応じ開催する。

5 運営委員会は、必要に応じ開催する。

 

(総 会)

第12条 総会は次の事項を審議し、議決する。

(1)規約の制定又は変更に関する事項

(2)事業計画及び収支予算に関する事項

(3)事業報告及び収支決算に関する事項

(4)その他幹事会において必要と認めた事項

2 総会は、会長が招集し、会長が議長となる。

3 総会は、出席者の過半数をもって決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

 

(幹事会)

第13条 協議会の運営について具体的な検討を行うため幹事会を置く。

2 幹事会は、次の事項を協議する。

(1)総会に付議すべき事項

(2)その他会長において必要と認めた事項

3 幹事会の構成については、会長が総会に諮りこれを定める。

 

(運営委員会)

第14条 協議会及び協議会会員の事務を円滑に実施するため、協議会に運営委員会を置く。

 

(事務局)

第15条 協議会の事務を処理するため、長崎県島原市平成町1-1に事務局を置く。

 

(経 費)

第16条 協議会の経費は、構成市の負担金、寄付金、補助金、及びその他の収入をもって充てる。

 

(会計の期間)

第17条 協議会の会計は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

 

(その他)

第18条 この規約に定めるもののほか、協議会の会務の執行に関し必要な事項は会長が定める。

 

附 則

(施行期日)

1 この規約は平成20年2月14日から施行する。

(役員任期の特例)

2 この規約の施行の日以後、最初に選任される役員の任期については、第8条の規定に関わらず、平成22年3月31日までとする。

(会計の期間の特例)

3 この規約の施行の日以後、最初の会計期間については、第16条の規定に関わらず、本規約の施行日に始まり、平成21年3月31日に終わる。

附 則

(施行期日)

1 この規約は平成26年4月1日から施行する。

<< 戻る