「気象学習会〜野外活動における基礎知識〜」を開催します。

開催日時;平成25年6月22日(土)10:00〜12:00(受付9:30〜)

開催場所;平成新山ネイチャーセンター研修室

講師;寺井 邦久氏(気象予報士)

募集人数;20名(先着順)

参加費;500円(資料代)

予約受付開始;平成25年6月8日(土)9:00〜 電話受付(tel;0957-63-6752)

持ち物;筆記用具、メモ類

雨天時;決行

正しい知識を身に付けて、安全な野外活動を行いましょう!

平成新山ネイチャーセンター

2013.05.27

島原半島ジオパークでは、島原半島ジオパークにおける学術研究を奨励するため費用助成を行っています。
下記のとおり平成25年度の応募者を公募しますので併せてお知らせします。

 

平成25年度島原半島ジオパーク学術研究奨励事業募集要領
島原半島ジオパーク地域を対象とした学術調査及び研究を支援し、島原半島ジオパークの学術資料の蓄積を図るため、学生、若手研究者等を対象に調査研究費を助成します。
1 補助対象研究
次に掲げる、島原半島ジオパークに関する地質・地形調査研究及びその活用方法、地質・地形遺産およびそれに関わる地域資源を活用した地域社会の活性化に関する調査研究で、大学生、大学院生、若手研究者等が行う研究に関するもの
(1)ジオサイト等における地質・地形調査研究等(自然科学分野)
(2)地域づくりおよび地域経済に関わる調査研究
(3)その他島原半島ジオパーク推進連絡協議会長が補助対象となると認めた調査研究
2 補助対象者
(1)原則として35歳までの大学生、大学院生、若手研究者等(グループによる応募も可。グループの場合は、主たる研究者が35歳までであること。)
(2)平成26年3月14日(金)までに実績報告書の提出が可能な方
3 補助金の額等
(1)補助金の額
予算の範囲内で グループ:1件あたり上限20万円
個  人:1件あたり上限10万円
ただし、補助対象研究は、1補助対象者につき1件とします。
(2)補助対象経費
①調査研究地までの交通費及び宿泊費(飲食等を除く。)
②調査研究に係る事務経費
③その他島原半島ジオパーク推進連絡協議会長が必要と認めた経費
4 応募の方法
次の書類を直接事務局まで持参するか、又は郵送してください。(申請様式一式(doc形式))
島原半島ジオパーク補助金交付申請書(様式第1号) 1部
収支支予算書 1部
島原半島ジオパーク学術研究実施計画書(様式別1号) 1部
補助研究収支予算(決算)明細書 1部
研究者等略歴(これまでの研究実績を含む。) 1部
研究グループ名簿(グループの場合) 1部
在学(在籍)証明書(大学等に在籍している場合) 1部
■申込先、問い合わせ先: TEL 0957-65-5540 FAX 0957-65-5542
〒855-0879島原市平成町1-1雲仙岳災害記念館内
島原半島ジオパーク推進連絡協議会事務局  E-mail:info@unzen-geopark.jp
■様式等:島原半島ジオパークのホームページに掲載します。
http://www.unzen-geopark.jp/
5 応募締切  平成25年6月28日(金)
6 審査
島原半島ジオパーク推進協議会長が、教育保全委員会で意見を聞いて、補助金交付を決定し、7月中に通知します。
7 実績報告等
補助研究が完了後、次の書類とその得られた研究成果をまとめた論文や報告書を平成26年3月14日(金)までに提出してください。
①島原半島ジオパーク補助事業実績報告書(様式第9号)   1部
②収支決算書                       1部
③島原半島ジオパーク学術研究実施報告書(様式別2号)   1部
④補助研究の収支決算明細書                1部
8 補助金の支払い
実績報告書を精査して、補助金の額を確定し支払います。ただし、補助金の確定前に一部支払いを希望する場合は、概算払請求によりの交付決定額の半額を上限として請求することができる。
9 その他
助金の交付に関する詳細については、「島原半島ジオパーク補助金交付要綱」に定めます。
補助金の交付を受けた研究については、年度途中において中間報告書(経過報告)の提出を行ってください。
論文の作成にあたっては、研究費の助成を受けたことを明記してください。論文を公表した場合は、掲載された論文集を協議会に提出してください。
④ 島原半島ジオパーク学術研究終了後、次年度の所属先と連絡可能な連絡先をご連絡ください。
⑤ 補助金の支払いは原則として申請者口座への振込みにより行います。支払の際に大学等の会計を経由しなければならい方は、申請の際に大学等の会計担当者を取扱者(振込先)として併記してください。
⑥ 過去に学術研究奨励事業による補助を受けた者であっても再度補助申請を行うことができる。
<助成結果・・・研究概要>
1.安藤祐介-大江層化石研究グループ(瑞浪市化石博物館)
大江層の十脚甲殻類相・・・長崎県南島原市に分布する更新大江層の十脚甲殻類相と更新世における島原半島周辺の古環境の解明
2.種村英大(別府大学)
雲仙における資源開発と修験道の関係
3.中道隆広(長崎総合科学大学)
噴火地域における肥料成分の残留性と土壌性質の調査
4.南村裕二郎(佐賀大学)
島原半島南部の早崎半島に分布する玄武岩類の詳細を明らかにする。
2013.05.08

「眉山登山会52」を開催します。

開催日時;平成25年5月25日(土)9:30〜12:30(受付9:00〜)

集合場所;平成新山ネイチャーセンター

コース;センター〜(車移動)〜七面山登山口〜七面山山頂〜七面山登山口(解散)

募集人数;10名(先着順)※定員になり次第締め切ります。

参加費;大人500円、小学生300円(保険代等)

予約受付開始日;平成25年5月11日(土)9:00〜 電話受付(0957-63-6752)

持ち物;動きやすい服装、お飲み物、帽子、タオル、雨具

雨天時;中止(前日17時の天気予報にて判断し、電話連絡致します。)

*PM2.5による外出自粛の注意喚起が出された場合は、開催当日であっても中止致します。ご了承下さい。

いろいろな植物が花開く季節、晩春の登山を楽しみましょう!

2013.05.06

 

島原半島ジオパークには、島原半島の魅力を体験できるプログラムが盛りだくさん!ぜひご参加ください。
下記一覧をクリックすると、体験プログラムの受け入れ先である島原半島観光連盟のHPに移動します。


自然観察会・火山学習

創作・文化体験

農業体験

歴史体験