実施日:平成26年11月13日(木)

10月23日(木)に稲刈りを行った大塚小学校で、収穫したもち米を利用して餅つき大会がありました。今回はキャラクターのジーオくんと一緒に参加して、子どもたちや保護者のみなさんと交流を深めることができました。つきたてのお餅は大変おいしかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014.11.14

実施日:平成26年11月4日(火)

平成26年7月4日に田植えに行った多比良小学校5年生の稲刈りに行きました。

当日はテレビ局が取材に来ており、子どもたちは最初緊張していましたが、終わることにはすっかり稲刈りを楽しんでいました。

国見町の多比良温泉神社では豊作祈願の風除祭が毎年8月下旬に開催され、台風シーズンを前に、地域の人は大事な農作物が台風などの被害にあわないようにお祈りをします。

自然の力に左右されるのがお米作りの難しいところです。毎年同じ気候ならいいのですが、今年のように夏場に雨の日が続くとお米の成長に大きな影響があるんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界ジオパークに認定された「阿蘇ジオパーク」を楽しむジオツアーを開催します。現地ガイドの説明を聞きながら、日本最大規模のカルデラの絶景を楽しんでみませんか?

現在、申し込み人数が定員に達しております。キャンセル待ちでのお申込みを受け付けております。

日時:12月7日(日) 8時集合 19時30分解散

場所:阿蘇(熊本県)

集合・解散場所:島原市役所 東側駐車場

定員:40名(先着順)

参加費:大人3500円、小学生2000円、3才以上の幼児1000円

(参加費には集合場所からの交通費、昼食代、ガイド料、保険料を含む)

申し込み方法:11月21日(金)までに島鉄観光(tel:0957-63-2341)へ電話で申し込んでください。

問い合わせ先:島原半島ジオパーク協議会(tel:0957-65-5540)

2014.11.04

実施日:平成26年10月24日(金)

 

白木野小学校は今年度末に南有馬地区が学校統合されるため無くなってしまいます。そのため、最後の稲刈りとなってしまいました。

米づくりには、太陽の光や大地の豊かさ、空からの降りそそいだ雨の恵みが必要です。人間はその恵みをいただいて生きているのです。

お寿司屋さんでご飯の事をシャリ(舎利)と呼びます。舎利とはお釈迦様の骨の事です。昔の人はそれだけお米の一粒一粒大事にしていたのが分かります。

学校最後の年に保護者の方を含めて大事に育ててられた稲穂を、残らないように落穂ひろいをしていたのが、印象的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実施日:平成26年10月23日(木)

 

平成26年6月24日に田植えに行った大塚小学校5年生の稲刈りに行きました。

授業で田植えの準備から稲刈りまでの米作りについて研究していて、11月には研究発表会があるとのことでした。「あぜぬり」や「代かき」なども自分たちの手でやっているので、米作りの大変さについて身を持って学んでいるようです。おいしいお米を食べるために工夫した先人の知恵はすごいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新情報
過去の記事