スタッフの写真日記

当協議会では、島原半島ユネスコ世界ジオパーク地域の学術的価値を保障し、その質を向上させるための学術調査及び研究にかかる調査費を助成します。

 

詳しくは募集要領をご覧ください↓

令和4年度島原半島ユネスコ世界ジオパーク学術研究奨励事業募集要領

 

応募に係る様式はコチラ↓

【応募様式】令和4年度島原半島ユネスコ世界ジオパーク学術研究奨励事業(Word形式)

【応募様式】令和4年度島原半島ユネスコ世界ジオパーク学術研究奨励事業(PDF形式)

 

その他補助金の交付に関することはコチラ↓

島原半島ユネスコ世界ジオパーク助成金交付要綱

 

過去の助成一覧はコチラ↓

助成実績一覧(H24~R3)(PDF形式)

 

お問い合わせ・お申し込みは、島原半島ジオパーク協議会事務局までお願いいたします。

TEL:0957-65-5540 FAX:0957-65-5542 E-mail:info@unzen-geopark.jp

2022.05.12

現在、定員に達しているため、このイベントはキャンセル待ちとなります。

 

歴史・文化・自然、そしてそれらを支えるジオの魅力をその道のプロが毎月やさしく紹介している「ジオ空教室」の第54弾です。ご家族やご友人のかたなど、お誘いあわせのうえぜひ、ご参加ください。

 

1.日  時:令和4年5月28日(土)10時00分~ 12時00分(受付開始:9時30分~)

2.集合場所:雲仙市立富津小学校(雲仙市小浜町富津3221)

※校舎は閉校されておりますので、駐車場に集合ください。

3.参  加  料:無料

4.定  員:20名

5.講  師:小浜ジオーズ:吉岡 誠一 氏・宮﨑 洋子 氏・中村 和美 氏

(島原半島ユネスコ世界ジオパークガイドの会認定ジオガイド)

6.題  目:ぼくらはジオパークに住んでいる~旧小浜鉄道跡をめぐろう!~

9.内  容:ひまわりてれびに多数出演されている小浜ジオーズと雲仙市小浜町富津の町歩きを通して、トンネルや旧小浜鉄道

跡などについて案内してもらいます。

10.服 装 等:タオル、飲み物、雨具、マスク、帽子

※5km程度徒歩で移動します。動きやすい服装でお越しください。

11.申し込み:氏名、住所、性別、生年月日、電話番号を記載したメールまたは電話

にてお申込みください。

※新型コロナウイルス感染拡大により、中止する場合があります。

12.〆  切:令和4年5月13日(金)まで

【お問合せ】

島原半島ジオパーク協議会

TEL:0957-65-5540

メール:info@unzen-geopark.jp

 

2022.04.19

この度、令和4年2月5日に開催を予定しておりました「第52回ジオ空教室:穫りたて『雲仙こぶ高菜』を味わう収穫体験!~希少な伝統野菜を未来へつなぐ~」につきまして、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため中止することにいたしましたのでお知らせいたします。

今後も、状況が良くなりましたら「ジオ空教室」を実施してまいりますので、引き続きご支援いただきたくよろしくお願い申し上げます。

2022.01.25

歴史・文化・自然、そしてそれらを支えるジオの魅力をその道のプロが毎月やさしく紹介している「ジオ空教室」の第52弾です。ご家族やご友人のかたなど、お誘いあわせのうえぜひ、ご参加ください。

 

1.日  時:令和4年2月5日(土)10時00分~ 12時00分(受付開始:9時45分~)

2.集合場所:長崎県雲仙市吾妻町内(詳しい場所は参加者に直接お伝えします)

3.参  加  料:無料

4.定  員:10名 ※スペースに限りがあるため事前にご予約ください。

5.講  師:馬場 節枝 氏(雲仙こぶ高菜加工所代表/雲仙市伝統野菜を守り育む会事務局)

6.題  目:穫りたて「雲仙こぶ高菜」を味わう収穫体験!~希少な伝統野菜を未来へつなぐ~

9.内  容:絶滅の危機から復活を遂げた伝統野菜「雲仙こぶ高菜」。一般的な高菜と違い、生でも美味しく食べられるのが特徴です。無農薬・無化学肥料で育てられた「雲仙こぶ高菜」ほか旬の伝統野菜1~2種の収穫と塩漬け体験をしながら、伝統野菜の魅力や守り続ける意味をお話しいただきます。

10.持 ち 物:手拭きタオル、マスク

11.申し込み:氏名、住所、性別、生年月日、電話番号を記載したEメールまたは電話にてお申込みください。

※新型コロナウイルス感染拡大により、中止する場合があります。

12.〆  切:令和4年1月31日(月)まで

【お問合せ】

島原半島ジオパーク協議会

TEL:0957-65-5540

メール:info@unzen-geopark.jp