スタッフの写真日記

島原半島の歴史・文化・自然、そしてそれらを支えるジオの魅力をその道のプロが毎月やさしく紹介している「ジオ空教室」の第25弾です。

ご家族やご友人のかたなど、お誘いあわせのうえぜひ、ご参加ください。

 

1.日 時 平成30年10月27日(土) 10:00~12:00(9:40~受付開始)

2.場 所 岩戸山(南島原市加津佐町野田名岩戸山)

3.講 師 森 輝隆氏(口之津歴史民俗資料館 館長)

4.参加費 無料

5.題 目 「岩戸山探訪」~岩戸山の地形と歴史を制覇しよう~

6.内 容 岩戸山登山を通して、岩戸山の成り立ちや、地形にまつわる様々な歴史的エピソードを

楽しくご紹介します。また、岩戸山にある貴重な木々などの自然にも触れ合います。

※当日は動きやすい服装でお越しください。(軍手やタオル、水筒は各自でご準備ください)

 

7. 申込み 氏名、住所、生年月日、電話番号を記入したEメールまたは電話で申し込んでください。

10月24日(水)〆切(募集定員:20名)

 

PDFはコチラから↓↓↓

第25回ジオ空教室チラシ

2018.10.02

島原半島ユネスコ世界ジオパークの旬な話題や日頃の活動などを盛り込んだ
島原半島GPニュースレター「ジーオだより」10月号を掲載します。

【今回の見どころ】

1. 2年に一度行われる「ユネスコ世界ジオパーク国際会議」の様子

2. 九州のジオパーク仲間で構成されている連絡会を小浜で開催した様子

3. ジオパークを支援して下さり、2017年の世界審査にご協力頂いた

シン・エナジー株式会社 小浜出張所様の寄稿

4.学校の先生の職場体験など

など多岐に渡る内容です。

ぜひご一読ください!

PDFはコチラから↓↓

ジーオだより10月号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.10.01

10~12月期間限定! 「謎解き小浜ジオツアー」を実施します。
謎解き小浜ジオツアーは、島原半島ユネスコ世界ジオパークの認定ジオガイド「小浜ジオーズ」が小浜の街を楽しくご案内する大好評企画です。

実施日時:平成30年10月~12月限定 第2・第4の土曜日と日曜日
(土曜日16:30~18:00、日曜日9:00~10:30) ※12月の土曜日は15:30~17:00

集合場所:足湯の蒸し釜前

参加料金:おひとり様1,000円
大人同伴の小学生未満 無料

定  員:1名~10名まで

申込方法:090-4985-3749(吉岡まで)

詳細は下記のPDFを御覧ください。

謎解き小浜ジオツアーチラシ 10月から12月

2018.09.20

島原半島地域の持続可能な発展のため、島原半島ユネスコ世界ジオパークにある地域資源を体感し楽しむツアー(受注型及び募集型)の実施について、事業費の一部を助成します。

〇チラシ

〇島原半島ユネスコ世界ジオパークを楽しむモデルコース

 

実施要領等は、以下をご覧ください↓

〇実施要領

〇別表 サイト一覧

〇ジオパークサポーター店一覧(H30.5現在)

〇おすすめ体験プログラム(リンク先:まるまる島原半島)

 

申請等に必要な書類は、以下からダウンロードください↓

〇申請関係フロー図

 

1.申請

①交付申請書、収支予算書

②ツアー実施リスト(計画)

【記入例】①交付申請書、収支予算書

【記入例】②ツアー実施リスト(計画)

 

2.変更(当初交付決定額の2割を超える変更の場合)

③変更承認申請書、収支予算書

④ツアー実施リスト(変更)

【記入例】③変更承認申請書

【記入例】④ツアー実施リスト(変更)

 

3.中止(廃止)

⑤中止(廃止)承認申請書

【記入例】⑤中止(廃止)承認申請書

 

4.ツアー実施の際に必要な書類

⑧飲食、宿泊、体験プログラム利用証明書

⑨ツアー参加者アンケート

【記入例】⑧飲食、宿泊、体験プログラム利用証明書

 

5.実績報告

⑥実績報告書、収支決算書

⑦ツアー実施リスト(実績)

【記入例】⑥実績報告書、収支決算書

【記入例】⑦ツアー実施リスト(実績)

 

6.請求

⑩補助金請求書

【記入例】⑩補助金請求書

2018.09.19

島原半島の歴史・文化・自然、そしてそれらを支えるジオの魅力をその道のプロが毎月やさしく紹介している「ジオ空教室」の第24弾です。

ご家族やご友人のかたなど、お誘いあわせのうえぜひ、ご参加ください。

 

1.日 時 平成30年9月22日(土) 10:00~12:00

2.場 所 本多木蝋工業所(島原市有明町大三東丙545)

3.講 師 本多 俊一 氏(本多木蝋工業所 代表)

4.参加費 1,000円(材料費)※当日徴収

5.題 目 伝統産業「木蝋(もくろう)」で地域を明るく~人々を癒す灯(あか)りの源、「櫨(はぜ)」を再び~

6.内 容 伝統産業である木蝋やその原料の櫨について、歴史などを踏まえてのお話や

和蝋燭(わろうそく)の手作り体験や絵付け体験を通して、木蝋の魅力に迫ります。

7. 申込み 氏名、住所、年齢、電話番号を記載したEメールまたは電話でお申し込みください。

2018.09.14