はじめての方へ

「ジオパーク」って知ってますか? このページでは、ジオパークにまつわる疑問にお答えします。

1.ジオパークってなに?

A:ジオパークは、地域社会の持続可能な発展を通じて、認定地域内にある価値ある地球活動の痕跡を守り、そのまま未来に引き継いでいくことを目的とした、ユネスコの正式事業です。

 

2.ジオパークと世界遺産って何が違うの?

A:世界遺産は、1972年に開催された「国連人間環境会議」において生まれた「世界遺産条約」に基づき、UNESCO(国際連合教育科学文化機関)が制定するもので、「文化遺産」、「自然遺産」、そしてそれら両者の要素を兼ね備えた「複合遺産」の保護を目的としています。これに対し、ジオパークは、UNESCOが認定する自然公園で、ジオパークの認定地域内にある国際的な地球科学的価値を有する「大地の遺産」を保護し、それらを地域の教育や学術活動、および観光活動に活用し持続可能な方法で地域を発展させることが要求されます。持続的な方法で地域を活性化させるジオパークは、4年に一度の再審査によってその適正や活動度が定期的にチェックされ、常にその品質の維持と向上が求められます。

 

3.ジオパークは、いまどこに何カ所あるの?

A:現在日本には、日本ジオパーク委員会が認定した43の「日本ジオパーク」があります(2020年4月現在)。また世界には、UNESCOが認定した「ユネスコ世界ジオパーク」があります。現在その数は世界41カ国147地域(2020年4月現在)で、日本からは島原半島(長崎県)を含め、糸魚川(新潟県)、洞爺湖有珠山(北海道)、山陰海岸(鳥取、兵庫、京都)、室戸(高知県)、隠岐(島根県)、阿蘇(熊本県)、アポイ岳(北海道)、伊豆半島(静岡県)の9地域が、ユネスコ世界ジオパークに認定されています。

 

4.”サイト”って何ですか?

A:ユネスコ世界ジオパークでは、その見どころを”サイト”と呼びます。サイトは、地質を見どころとした「地質サイト(Geological sites)」、自然を見どころとした「自然サイト(Natural sites)」、歴史や文化を見どころとした「文化サイト(Cultural sites)」の3種類に分けられます。さらに、これらを観察・遠望できる場所をビュースポット(View spots)、その価値を学んだり、情報を収集できる場所を関連施設と位置付けています。かつて、ジオパークの見どころは「ジオサイト」と呼んでいましたが、そのサイトがどのような価値を持っているのかがわかりにくいことから、現在はその言葉は使用していません。

 

5.ジオツーリズムって何ですか?

A:ジオツーリズムは、何気なく見える景色の中に隠れている、地球活動と人々の生活や文化との間に生まれたドラマやプロセス、エピソードを楽しむ観光です。しかし、ドラマやプロセス、エピソードの多くは目に見えるものが少ないため、景色だけを見ていたのでは、その地域を深く楽しむことは困難です。専門にトレーニングされたガイドや、専門的な知識を持つ人から、その景色の成り立ちや、その中に見え隠れする歴史的エピソードといった解説を聞けば、その地域をより深く楽しむことができます。よって、ジオツーリズムとは、ジオパーク内にあるサイトやビュースポット、関連施設等で、認定ジオガイドや協議会の専門員、学術関係者など、ジオパークに関する専門知識を持つ人の解説を聞きながら、地球活動と人々の暮らしとのかかわりを楽しむツーリズム、と言えるでしょう。

 

6.ジオパークになるためには、何が必要なの?

A:ジオパークの条件は、以下の7つです;

1:エリア内に学術的価値を有する地形・地質遺産や美しい自然環境が複数あること

2:地域の重要課題の解決に、ジオパークというプログラムを活用しようとしていること

3:法人格を有する組織がジオパークを管理運営していること

4:エリアが他のユネスコプログラムと重複していない(している場合は相互の相乗効果を示す)

5: あらゆる立場の人をジオパーク活動に巻き込んでいる

6:世界的なネットワーク活動に参加・貢献している

7:岩石や鉱物などの地質学的な物品の売買にかかわらない。

ジオパークの魅力を地域住民や観光客に楽しく正しく伝えるためには、ハード面、ソフト面の整備が必要です。具体的には、観光客がジオパークに来たことが認識できるような歓迎看板、ジオサイトの見どころが分かりやすく記述された解説板、ジオサイトまでスムーズに案内者がたどり着けるような案内標識(ハード面)の整備に加え、ジオサイトの魅力をまとめたパンフレットやガイドブック、ポスター、ジオパーク関係のお土産品、さらにはジオサイトの魅力を余すことなく観光客に伝える優れたガイド(ソフト面)の整備が必要となります。
ジオパークの事業は多岐にわたるため、行政のみや民間組織のみが推進してもうまくいきません。地域一丸となってジオパークの認定を喜び、それぞれの立場で認定を活用しようとする積極的な姿勢を持つことが肝要です。

 

7. 地域の特産品(農産物)、民話、地元の産物や郷土料理、歴史もジオパークに関係があるの?

A:ジオパークの観察対象となるのは、地形や地質だけではありません。地元で収穫された農作物や海産物はもちろん、それらを上手く加工して作られた食料品やお菓子も、立派なジオパークの構成要素です。なぜならば、それらは自然が長い年月をかけて作り上げた土壌や、その土地ならではの気候条件(気温や降水量)、地形などを直接的または間接的に利用することによって得られた産物だからです。また、その地域に伝わる民話や歴史、方言なども、その土地の気候風土や自然の営みを上手に活用し、表現してきた人々の生活様式を伝承するものですから、これらもジオパークの大事な構成要素です。ただし、食べ物や習慣といった”目に見えるもの”が、大地の成り立ちという、直接”目に見えない”事とかかわりがあることを伝えるのは簡単ではありません。両者のかかわりをわかりやすく伝えるストーリーを作るなど、工夫が必要と言えます。

 

8.ジオパークを楽しむためのコツを教えてください。

A:ジオパークは地形や地質に限らず、それらを利用した人々の暮らしや歴史、食べ物全てが対象になります。目で見て分かる景色のすばらしさ、耳を使って聴く音や鳥達のさえずり、香りで分かるその土地の雰囲気、手を使って知る土や石の感触、舌で味わう地元の美味しい料 理。ぜひ、自分の五感をフルに活用し、ジオパークのすばらしさを全身で感じて下さい。 何気なく目にする景色や、口にする料理の中に、地球(ジオ)と人々のストーリーがたくさん隠されていますよ。

 

9.ジオパークの中でしてはいけないことは何ですか?

A:ジオパークに認定された地域の多くは、その景観や自然環境、岩石などが自然公園法や文化財保護法などの法律によって保護され、持続可能な方法でその地域の素晴らしさを誰もが享受できるしくみが出来上がっています。持続可能な形で地域の自然を利活用するためにも、著しく環境を改変させるような動植物や岩石類等の採取は慎んでください。また、場所によってはそれらを現状の場所から移動させる事すら禁止されている地域もあります。ジオパークという仕組みを活用した地域振興を成し遂げる上で、地域固有の遺産がきちんと保全されていることは大前提です。美しい自然環境を維持し、未来の子供たちが私たちと同じようにこの自然環境を利用できるようにするためにも、自然環境の破壊は厳に慎んで下さい。また、他地域産の岩石や鉱物・化石類をお土産品として販売する行為も、認められていません。

 

10.ジオパークに選ばれることのメリットって何ですか?

A:ジオパークの目的は、その認定を活用して地域を活性化させ、次の世代が幸せに暮らすことができるような地域社会を構築することにあります。その目的を達成するためには、①学術関係者の研究活動を通じた、地域資源への学術的な価値づけ、②その価値を地域住民に普及・啓発するような教育活動体制の充実化、③価値ある地域資源を持続可能な方法で活用し、地域経済を活性化させるジオツーリズムの推進、④地域資源の法的・実質的な保護、という4つの取り組みがバランスよく実施される必要があります。これらの活動の主体は市町村や都道府県、国に限らず、地域団体や民間企業、個人事業主など多岐にわたるため、ジオパークの認定を通じて地域間の相互連携が強化される、というメリットがあります。中でも教育事業体制の整備は、大きな効果と言えます。

また、日本のように地震や火山噴火、気象災害が多発する国では、自然災害と共存することが、自分たちの暮らしを守る上で必要不可欠です。地域の自然を知り、過去の災害を知り、その教訓を後世に伝えていく上で、ジオパークというしくみを活用した地域防災教育は、「変動する大地・日本」に暮らす私たちが、自然の災いとつきあっていく上で、今後非常に大きな意味があります。また、地球温暖化が与える影響を正しく認識し、自らの行動や地域社会を変えていく活動を広めていくうえで、ジオパークプログラムは大きく貢献するといえます。