新着情報一覧

島原半島ユネスコ世界ジオパークのサポーター制度が、

4月1日、6年ぶりに新しくなります!

島原半島を愉しみながら地域を活性化する1つの手段として、ジオパークを活用してもらい、

島原半島に新しい流れを作りたい!

経済循環に貢献したい!

という方を広く募集致します。

詳しくは、ちらしおよび要綱をご覧ください。

要綱_島原半島ユネスコ世界ジオパークサポーター制度_事業主・企業・団体

要綱_島原半島ユネスコ世界ジオパークサポーター制度_個人

登録・変更・辞退届_島原半島ユネスコ世界ジオパークサポーター制度_事業主・企業・団体

2019.03.20

この度、ITを活用した地域活性化について、
「島原半島のICT活用による地域活性化シナリオ」と題し
島原半島ジオパーク協議会 x 島原半島観光連盟 共催の
勉強会を開催することとなりました。

地域活性化に携わる民間・団体・行政の方、この機会にぜひ話を聴きに来てください!

【日 時】2019年4月17日(水)10~12時

【場 所】南本町公民館(雲仙市小浜町南本町7-13)

【講 師】LBMデータ株式会社 代表 大野 元嗣氏

【定 員】20名(予約制:参加費無料)

【内 容】・講話(1時間)
『仕掛学』や『サービス工学(観光工学)の活用、
IoTやクラウド型ICTの活用方法とデータ収集の仕方について
事例を交え、島原半島の未来をお話しします。
・ディスカッションおよび質疑応答(1時間)

【講師紹介】
LBMデータ株式会社 代表 大野 元嗣 氏

愛知県出身。東京在住。25年以上にわたりIT業界でソリューション開発を担当 し、ホストコンピューターからクライアントサーバー、データベース設計まで を担当する。2018年末までシスコシステムズ合同会社において、「ICT地方創 生」と「リテール、ホテル向けICTビジネス開発」を担当し、地方の中堅中小 企業の経営者とクラウドICT活用についてディスカッションの機会を頂く。現 在は、LBMデータ株式会社の代表として、観光送客、キャッシュレス対応、コ ミュニケーションにおけるICTの活用を推進している。

PDFはコチラ↓↓

ICT勉強会の開催について


【問合せ・申込】
島原半島ジオパーク協議会 
メール info@unzen-geopark.jp
電話0957-65-5540

 

2019.03.12

今年度、島原半島ユネスコ世界ジオパークは、日本ジオパーク認定10周年の節目を迎えました!その10周年をきっかけに、ジオパーク活動が目指す方向性を地域住民やジオパーク関係者が見つめ直すとともに、自ら行動を起こしたくなるような基本理念(=地域の将来像)への改定作業に取組みました!
そして、2018年11月に開催した日本ジオパーク認定10周年記念シンポジウムにおいて、

新基本理念「島原半島の「笑顔」「誇り」「幸せ」をもっと、そして、ずっと」が決定!

この新たな基本理念の実現が、未来の「島原半島の発展」ひいては国連が定める「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成にも貢献することから、この度、基本理念に沿った基本的な計画として、「島原半島ユネスコ世界ジオパーク基本計画」を策定いたします。この計画を策定するにあたり、島原半島ユネスコ世界ジオパークに関わる皆様の幅広いご意見を募集いたします


詳細については↓
基本計画素案等をご覧ください。
また併せて従来の基本計画を別添で載せます↓
参考用)島原半島ジオパーク基本計画(現計画)

ご意見の募集期間:
平成31年3月4日(月)~平成31年3月12日(火)午後5時まで。
所定の意見書に必要事項をご記入のうえ、持参または郵送、FAX、メールにより提出をお願いします。ただし、電話・口頭・匿名による意見は受け付けできません。

①持参の場合 
島原半島ジオパーク協議会事務局、島原振興局総務課、島原市観光おもてなし課、雲仙市観光物産課、南島原市商工観光課 ※休日(土曜日、日曜日)は不可

②郵送の場合 〒855-0558 島原市平成町1-1(がまだすドーム内)

③FAXの場合 0957-65-5542(島原半島ジオパーク協議会事務局)

④メール場合 info@unzen-geopark.jp(島原半島ジオパーク協議会事務局アドレス)

〈留意事項〉
①住所、氏名等の個人情報が公表されることはありません。
②提出いただきましたご意見につきましては、内容を検討・考慮し、
その回答をホームページで公表するとともに、
計画案作成の参考といたします。

〈お問合せ〉
〒855-0558 島原市平成町1-1(がまだすドーム内) 
島原半島ジオパーク協議会事務局
電話:0957-65-5540、FAX:0957-65-5542、
メール:info@unzen-geopark.jp

2019.03.01

島原半島ユネスコ世界ジオパークの旬な話題や日頃の活動などを盛り込んだ
島原半島GPニュースレター「ジーオだより」3月号を掲載します。

【今回の見どころ】

1.伊豆半島で活躍されているジオガシ旅行団代表をお招きし、地域の風景を菓子化(可視化)した両子岩を愉しんだ「ジオガシキッチン教室」。

2.昨年事務局が開催した高校生研究発表大会の優秀賞副賞として、南島原市 口加高校が、自分たちの研究を深めるため阿蘇ユネスコ世界ジオパークを視察。

3.小浜の認定ジオガイド「小浜ジオーズ」とさるくジオ空教室(3/23)のご紹介。

4.地元の図書館がジオ講座を企画し、ジオ事務局とコラボ(3/2)。

ぜひご一読ください!

PDFはコチラから↓↓

ジーオだより_3月号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

島原半島の歴史・文化・自然、そしてそれらを支えるジオの魅力をその道のプロが毎月やさしく紹介している「ジオ空教室」の第29弾です。

ご家族やご友人のかたなど、お誘いあわせのうえぜひ、ご参加ください。

 

1.日  時 平成31年3月23日(土)10:00~12:00

2.集合場所 ほっとふっと105蒸し釜前(雲仙市小浜町北本町)

3.講  師 吉岡 誠一 氏(認定ジオガイド・小浜ジオーズ)

4.参 加 費 500円(蒸し釜体験料、保険代など含む)※大人同伴の小学生未満は無料です。

5.定  員   20名(3月20日〆切)

6.題  目 「春の謎解き小浜ジオツアー」~小浜の景観に隠された「謎」に迫る~

7.内  容  認定ジオガイドの中でも主に小浜エリアで活動している“小浜ジオーズ”の

吉岡さんと一緒に、まち歩きを通して小浜の景観に隠された魅力に迫ります。

※蒸し釜体験やお土産の特典付き

8.申し込み  氏名、性別、住所、生年月日、電話番号を記載したメールまたは

電話にてお申込みください。

 

第29回ジオ空教室チラシ

2019.02.27
最新情報
過去の記事