関連用語集

あ行

赤松谷断層(あかまつだにだんそう)
赤松谷の南端をほぼ東西に走る北落ちの正断層。長さ7.0km、垂直変位量は不明。

阿蘇4火砕流(あそよんかさいりゅう)
熊本県にある阿蘇火山から、約9万年前に噴出した大規模火砕流。世界有数の大きさを誇る阿蘇カルデラは、4回の大噴火によって作られたとされていますが、 その最後の大噴火。火砕流堆積物は海をこえて山口県まで達しています。また、この火砕流から巻き上がった火山灰は、遠く北海道でおよそ10cmの厚さで地 層として残っています。

愛宕山玄武岩(あたごやまげんぶがん)
加津佐町の東方に位置する愛宕山の標高150m以上の場所に見られる、かんらん石の結晶を含む玄武岩です。噴出年代は約116万年前で、上原(うわはる)玄武岩と岩相と噴出年代が良く一致しています。口之津層群南串山層中に挟まれています。

吾妻岳(あづまだけ)
中期雲仙火山の時期に形成された溶岩ドーム。形成年代はおよそ18万年前。

有馬断層(ありまだんそう)
南有馬町荒尾付近から梅谷に延びる北落ちの正断層。落差は70〜100m。

 

飯岳断層(いいだけだんそう)
小倉断層の南に位置する南落ちの正断層。長さは3.3km。九千部岳溶岩を約50m変位させている。

出口層(いでぐちそう)
口之津層群北有馬層を不整合で覆う、安山岩質の角レキや軽石を大量に含んだ凝灰質砂層および凝灰質シルト層。

稲生山(いなおやま)
斑晶を多く含むデイサイト質の溶岩ドーム。頂部に溶岩じわなどの新鮮な地形が残っている。輝石を全く含まないのが特徴。

一本松火砕流堆積物(いっぽんまつかさいりゅう)
緻密な安山岩の溶岩と、発泡したデイサイトの岩塊を含む火砕流堆積物。鬼界-アカホヤ火山灰に覆われ、Aso-4火砕流に覆われている。

一本松断層(いっぽんまつだんそう)
島原市油堀町付近を走る南落ちの正断層。

 

上原玄武岩(うわはるげんぶがん)
約106万年前に噴出した、かんらん石の結晶を含む玄武岩です。愛宕(あたご)山玄武岩と岩相と噴出年代が良く一致しています。口之津層群南串山層中に挟まれています。

有喜火山(うきかざん)
諫早市周辺に分布している輝石安山岩の溶岩を噴出した火山です。およそ240万年前に活動しました。島原半島西南の国崎(くにさき)安山岩と噴出年代と岩相がよく似ています。

雲仙温泉(うんぜんおんせん)
島原半島のほぼ中央にある温泉地帯。数多くの旅館や共同浴場が建ちならぶ、九州でも有数の観光地です。泉質は硫黄泉です。

雲仙火山(うんぜんかざん)
島原半島のほぼ中央に位置する、日本有数の活火山。「雲仙岳」という名前の峰があるわけではなく、普賢岳はもちろん、妙見岳、国見岳など、複数の頂を総称してつけられた名称です。 雲仙地獄(うんぜんじごく)
雲仙温泉の中にある地熱地帯。植物が生えておらず、高温で硫黄臭が漂い、地獄を連想させることから、そう呼ばれています。雀地獄や大叫喚地獄と呼ばれる地熱地域や、泥火山など、ざまざまな噴気活動が観察出来ます。

 

お糸地獄(おいとじごく)
雲仙地獄の中の見どころの一つ。江戸時代、夫を殺したお糸と呼ばれる女が処刑された年に湧き出した事から、この名がつけられたとされています。

大江層(おおえそう)
口之津層群大屋層上部を不整合に覆い、阿蘇4火砕流堆積物に覆われる層。砂礫〜シルト層からなり、貝化石を含む。

大苑断層(おおぞのだんそう)
柳原断層(貝崎断層)に雁行する北落ちの正断層。長さは2.0km、垂直変位量は6m。

大泊玄武岩(おおどまりげんぶがん)
大泊層の中に挟まれるかんらん石を含む玄武岩です。早崎半島で観察する事が出来ます。

大泊層(おおどまりそう)
約400〜500万年前(第三紀鮮新世)に堆積した地層で、かんらん石玄武岩(早崎玄武岩および大泊玄武岩)、シルト層、砂層、凝灰角礫岩、凝灰岩を含みます。

大峰玄武岩(おおみねげんぶがん)
口之津層群西正寺層の中に含まれる玄武岩質の溶岩です。約100万年前に噴出しました。

大屋火砕流(おおやかさいりゅう)
口之津層群大屋層の中に挟まれている火砕流堆積物です。層位的には小利火砕流の上位に位置します。

大屋層(おおやそう)
口之津層群の最下部に位置する、シルト層、砂層、レキ層を主体とした、河川成堆積物。中部の小利火砕流堆積物によって、上部と下部に分けられており、下部に早崎玄武岩やデイサイト質の菖蒲田安山岩が挟まれている。

小倉断層(おぐらだんそう)
雲仙市千々石町に位置し、千々石断層のすぐ南に位置する南落ちの正断層。長さ2.0km。九千部岳溶岩を約100m変位させている。

鴛鴦の池断層(おしどりのいけだんそう)
絹笠山溶岩を約40m変位させている北落ちの正断層。深江断層・布津断層と雁行状に配列している。長さ5.5km。

小利火砕流(おとしかさいりゅう)
口之津層群大屋層の中に挟まれている火砕流堆積物で、この層によって大屋層は上部と下部に分けられている。約176万年前に噴出。

音無川(おとなしがわ)
1792年の眉山崩壊によって生じた白土湖からの水を排水するために作られた人工の水路です。長さは約1kmで、島原市街地の中をゆったりと流れています。

小浜火山(おばまかざん)
雲仙火山に先行して、現在の小浜温泉付近に形成したとされている火山体です。現在の雲仙火山の最下部に位置し、古期雲仙火山の噴出物を噴出させました。 50万年ほど前に活動を開始し、約20万年前に活動を終了しました。現在は雲仙地溝帯の中に沈下してしまったと推定されています。

小浜温泉(おばまおんせん)
雲仙地溝帯の最西端に位置するナトリウム-塩化物泉。噴出温度は約100℃で、湧出量は1日あたり8000トン以上に達します。ここから算定される0℃基準の熱放出量は、10.6×10^6 cal/secに達し、日本有数の規模を誇ります。

小浜北断層(おばまきただんそう)
南落ちの正断層で、高岳溶岩を約30mほど低く変位させている。長さは2.5km。

小浜断層(おばまだんそう)
高岳溶岩を約80m変位させている北落ちの断層。長さは5.5kmで、小浜温泉の温泉街のすぐ近くまで延びている。